SSブログ

2022年9月11日は妻の9年目の102ヶ月目の月命日となりました。お供えは、不二家数寄屋橋店の3種類のケーキを。 [OM System OM-1]

Sponsored Links




今日の天気ですが、
東京の天気「晴のち曇」で、最高気温29度、最低気温22度となっています。
東京の朝は、晴れた空です。今日は、晴れから曇りとなる予報です。そんな2022年9月11日です。
東京は、最高気温は29度、最低気温22度の夏日の予報で、少し暑いですが、寒暖差が強くなりそうです。そんな中ですが、体調管理に十分お気を付けください。


令和4年9月10日に、銀座に出て、キヤノンギャラリーで、『小澤 太一 写真展:赤道白書』を拝見してきました。
そこで、久しぶりですが、不二家数寄屋橋店のケーキをお供えに買ってきました。

と言いつつ、プリンアラモードと、苺のパフェと、フルーツタルトですので、ケーキらしいのは、タルトくらいです。


いつの間にか、令和4年9月11日で、102ヶ月の月命日=9年目の命日となりました。
2月の月命日の以来、ナナハンさんに頂いた非売品のお線香とお手紙を供えさせて頂いています。
月命日を重ねる余り、現世へ未練が残らないよう、少しずつ質素にしていこうと思います。
ただ、今回は、銀座に出たので、折角なので、不二家 数寄屋橋店で、お供えを買求めました。
妻がプリンが好きだったので、銀座のお店限定のプリン・ア・ラ・モードを求めました。
9月11日は、9年目の102回目の月命日となります。
撮影は、OM System LAOWA Argus 25mm F0.95 MFT APOレンズです。
不二家 数寄屋橋店のケーキを3種です。(GINZAがつくのは、銀座地域限定販売です)
・GINZA 苺のパフェ
・GINZA プリン・ア・ラ・モード
キラッキラフルーツタルト         タルト台に軽いタイプのカスタードクリームをしぼり、彩りあざやかなフルーツ
8月31日は、妻が亡くなってから8年目(9回目)となる妻の49歳の誕生日です。

2022年8月11日は、9年目の101回目の月命日となります。
8月31日は、妻が亡くなってから7年目(8回目)となる妻の48歳の誕生日です。
今回のお供えは、光ヶ丘のFLO PRESTIGE PARISのショートケーキとタルトの詰め合わせからです。
・いろいろなタルトの詰め合わせセット


今日の一枚は、

 O9110581-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg

『2022年9月11日は妻の102ヶ月目=9年目の月命日です。』妻はプリンも好きでした。
はOM System OM-1+LAOWA Argus 25mm F0.95 MFT APOレンズで撮影しています。
この一枚は、DxO PureRAW2 2.1.0でノイズリダクション後、CamerRAWで、RAW現像しています。
ここから、OM System OM-1+LAOWA Argus 25mm F0.95 MFT APOレンズで撮影しています。
O9110580-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
1)↑正面から
O9110584-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
2)↑お線香
O9110588-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
3)↑お供え3種
O9110589-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
4)↑お線香の煙から
O9110575-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
5)↑GINZA 苺のパフェ
O9110576-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
6)↑GINZA プリン・ア・ラ・モードですが、クリームが少し、箱で押されてしまいました
O9110577-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
7)↑GINZA プリン・ア・ラ・モード
O9110573-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
O9110578-ORF_DxO_DeepPRIME_CameraRAW_signed.jpg
9)↑上から俯瞰して


コメントのパスワードを2022年に合わせて少しだけ変更しました。

2022年なので、2021/12から、それに合わせました。

直近の月命日から
8月31日は、妻が亡くなってから6年目(7回目)となる妻の47歳の誕生日です。
妻の大好きだった「としまえん」の終園とも重なってしまいました。
1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
〇「2020年5月11日は妻の74ヶ月目の月命日となりました。お供えは、銀座コージーコーナーの2種類ケーキから。」4月11日の月命日の記事で撮影したお供えのARCACHON 練馬店さんのケーキの別カットからです。
令和2年4月11日は、妻の73回目の月命日となりました。
令和2年1月11日は、妻の70回目の月命日となりました。
この5年の歳月を堪えて来られたのも、全ては、皆様のお陰です。
ありがとうございます。
3月11日の記事に、沢山のアクセスとniceをありがとうございます。
2019年3月11日、妻の5年目の命日(60回目の月命日)となりました。
2018年3月11日、妻の4年目の命日(48回目の月命日)となりました。
早いモノで、妻が亡くなって4年の月日が経ちました。

2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編


nice!(16)  コメント(0) 

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。