SSブログ

お知らせ

お知らせはございません。
前の1件 | -

2020年11月27日〜29日、OM-D E-M1 Mark IIIを持って、さらに、45mmの中望遠で見る若草山の一重目の光景から。その142 [E-M1 Mark III]

今日の天気ですが、
東京の天気「晴のち曇」、最高気温29度、最低気温19度となっています。
東京の朝は、雲の多い空です。今日は、日中晴れから、夕方に曇りとなる予報です。そんな2021年6月15日です。
今日は、最高気温は29度、最低気温が19度の真夏日の予報で、暑い日になるようです。そんな中ですが、体調管理に十分お気を付けください。
梅雨入りしたようですが、今ひとつ雨の強さを感じませんね。

早くも、6月も後半ですね。



令和2年11月27日〜11月29日の最終日、京都から、近鉄特急で奈良へ行ってきました。
オンラインで、特急券を予約して、京都駅で乗車券と供に発券して、いざ、奈良へ。
今日も、引き続き、若草山の一重目の光景からですが、中望遠のM.Zuiko ED45mm F1.2 PROレンズでの35mm換算90mm相当での光景の続きからです。


令和2年11月27日〜11月29日に、宿泊だけGoToを遣って、2年ぶりとなる秋の京都へ行ってきました。
これより前は、上記事内リンクから





令和3年3月26日の朝、近所の桜を見に行ってきました。
令和2年11月、秋の京都へ。
最終日の11/29は、朝9時の近鉄特急で、奈良まで行って、奈良公園の鹿に癒され、若草山のハイキングに疲れて帰って来ました。
〇「2020年11月、OM-D E-M1 Mark IIIを持って、秋の京都へ。京都からの速報的な何か。」
2020年12月26日、超久しぶりに、Nobuさんと、恵比寿ガーデンプレイスに、行ってきましたからです。
令和2年11月22日、秋の紅葉を見に、新座の平林寺へ行ってきました。
しばらくお休みします。


今日の一枚は、

EB292226_CameraRAW_2048_signed.jpg

『若草山一重目の光景から IV』光る芒から
今日の写真は、少しバージョンの上がったAdobe Camera RAW 13.3.0.807で現像しています。
また、最新アップデートでAdobe Photoshop 2021は、22.4.2となっています。
はOM-D E-M1 Mark III+M.Zuiko ED45mm F1.2 PROレンズで撮影しています。

ここから、OM-D E-M1 Mark III+M.Zuiko ED 12-45mm F4.0 PROレンズと、M.Zuiko ED 45mm F1.2 PROレンズで撮影しています。
EB292231_CameraRAW_2048_signed.jpg
1)↑光る芒 II
EB292232_CameraRAW_2048_signed.jpg
2)↑光る芒 III
EB292236_CameraRAW_2048_signed.jpg
3)↑奈良市街
EB292237_CameraRAW_2048_signed.jpg
4)↑雲は広がる
EB292238_CameraRAW_2048_signed.jpg
5)↑一重目の丘から
EB292239_CameraRAW_2048_signed.jpg
6)↑子鹿さんと親子連れ



コメントのパスワードを2021年に合わせて少しだけ変更しました。

もう、2021年なので、2020/12/31には、それに合わせました。

早いもので、令和3年6月11日で、87ヶ月の月命日となりました。
今回は、終業後に、お供えを買いに行ってきました。
お隣の町にある銀座コージーコーナーからです。
コージープリンセス(佐藤錦)              繊細で上品な甘みが特長のさくらんぼ「佐藤錦」を飾った1人サイズのデコレーションケーキ
苺のタルト                                               甘ずっぱい苺をたっぷりとのせたタルト
それと、ジャンボシュークリーム(カスタード)です。
8月31日は、妻が亡くなってから6年目(7回目)となる妻の47歳の誕生日です。
妻の大好きだった「としまえん」の終園とも重なってしまいました。
1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。
『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。
〇「2020年5月11日は妻の74ヶ月目の月命日となりました。お供えは、銀座コージーコーナーの2種類ケーキから。」4月11日の月命日の記事で撮影したお供えのARCACHON 練馬店さんのケーキの別カットからです。
令和2年4月11日は、妻の73回目の月命日となりました。
令和2年1月11日は、妻の70回目の月命日となりました。
この5年の歳月を堪えて来られたのも、全ては、皆様のお陰です。
ありがとうございます。
3月11日の記事に、沢山のアクセスとniceをありがとうございます。
2019年3月11日、妻の5年目の命日(60回目の月命日)となりました。
2018年3月11日、妻の4年目の命日(48回目の月命日)となりました。
早いモノで、妻が亡くなって4年の月日が経ちました。

2017年3月11日の3年目の命日の記事に沢山のアクセス、沢山のコメントをありがとうございます。

2014年8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の1件 | -