So-net無料ブログ作成

第2回赤塚植物園写真展が開催中です。搬入に行って、植物園の近辺を散策。 [Nokton 25mm & M.ZD 75mm]

Sponsored Links




今朝は、3月6日です。
昨日は、良く晴れた日となって、風もなく非常に暖かい日中でした。
日中だけならば、半袖でも大丈夫そうな気がしました。
皆さん、朝夕は強烈に冷え込んできましたので、体調には十分お気をつけ下さい。

もう本日からですが、3月5日から3月10日に、第2回赤塚植物園写真展に参加します。
【第2回赤塚植物園写真展】
◆開催日時:2013年3月5日(火)から3月10日(日)
◆開催場所:赤塚植物園内 講習室

本日、3月5日の午前中に、板橋区の赤塚植物園の講習室(写真展会場)まで、
展示する作品を持って、搬入に行ってきました。

今回の展示作品は、いろいろあって、思うように進みませんでした。
超超超久しぶりに印刷を始めたEPSONの某顔料プリンターは、
まったくインクがでない、所謂インクヘッドのインク詰まり状態になっていました。
まあ、前回使用してから、数ヶ月以上経っていたので、致し方ないところですが、
この某機種は、そういったインク詰まり状態に対処して、定期的に自動的にヘッドクリーニングをしながら、
インク詰まりを防止まではいかないですが、起き難くする機能がついていたはずなのですが。
予定では、ピクトリコのバライタA3ノビと、EPSONのVelvet Fine Art Paper A3ノビで印刷して、
気に入った方が使用する。
さらには、ひょっとして、漆喰をシート状に加工したインクジェットペーパーである「フレスコジクレー」( Fresco Giclee)のお試しセットが残っているので、1枚印刷して見るという魂胆もありました。
しかし、もろくも、それらの予定は崩れました。

致し方ないのですが、いつもの染料機Canon Pixus Pro9000で印刷して見ました。
さらには、せっかくなので、ピクトリコのバライタA3ノビと、EPSONのVelvet Fine Art Paper A3ノビの両方の用紙に印刷してみることにしました。

もちろん、EPSONのVelvet Fine Art Paperは、顔料機専用紙です。
ライバルのPixus Pro9000には、iccプロファイルもありません。
今回は、Canonの他社用iccプロファイルのハーネミューレ用のPhoto Ragで印刷してみました。
結果、まあまあ、どころか、明らかに、ピクトリコのバライタよりも、良い感じの仕上がりでしたので、
こちらを採用して、禁断の他社使用、しかも、染料機での印刷という作品となりました。
虹色のカラーと、クロの多い作品だったのですが、どちらも、ズバリと表現出来ています。
EPSONのVelvet Fine Art Paperは、染料機で使用しても、良い用紙であることを表現してくれました。


好評頂いている冬の新宿通から新宿御苑シリーズ。



写真は、今回は、赤塚植物園と、その周辺での撮影からです。
機材は、Olympus OM-D E-M5とコシナ Nokton 25mm F0.95レンズ、M.Zuiko ED75mm F1.8レンズです。
2048x1365サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)写真展のポスターです
M3058974_2048x1536_補正済.jpg
2)写真展の入り口で待っています。
M3058762_2048x1536_補正済.jpg
3)
M3058759_2048x1536_補正済.jpg
4)
M3058826_2048x1536_補正済.jpg
5)板橋区立赤塚植物園の入り口
M3058703_2048x1536_補正済.jpg
6)写真展会場の講習室の扉の影
M3058710_2048x1536_補正済.jpg
7)配置が決まったところで、取り敢えずの壁吊り状態。まだ、不揃いです
M3058722_2048x1536_補正済.jpg
8)講習室真ん中のボードへ展示する作品を並べた状態です
M3058723_2048x1536_補正済.jpg
9)外から見た写真展会場
M3058725_2048x1536_補正済.jpg
10)FotoPus仲間のmasamasa1964さんが、薔薇を送って頂きました。
M3058790_ito_method_2048x1536.jpg
11)箱に入って届いた、かなり高価そうな薔薇に、一同驚きました。
M3058803_2048x1536_補正済.jpg
12)
M3058804_2048x1536_補正済.jpg
13)ファンタジックフォーカスかな?ともあれ、かなり露出を上げて。
M3058820_2048x1536_補正済.jpg
14)池
M3058712_2048x1536_補正済.jpg
15)
M3058727_2048x1536_補正済.jpg
16)影
M3058730_2048x1536_補正済.jpg
17)照らされた葉っぱ
M3058753_2048x1536_補正済.jpg
18)池の写り込み
M3058754_2048x1536_補正済.jpg





<<ご案内>>

なんとなく、2月12日の夜の続き。
夕闇の中の京橋から歩いて、銀座4丁目の交差点まで。
銀座線で一駅ですが、その区間を地上で歩けば、京橋から、銀座1丁目、銀座2丁目、
銀座3丁目、銀座4丁目の交差点まで散策できます。

ご好評のCP+2013に行ってきましたのシリーズはこちらです。
CP+2013、会期中いろいろ有りましたが、ありがとうございました。
次回は、 CP+2014は 2014年2月13日(木)~16日(日) にパシフィコ横浜にて開催予定だそうです。
お楽しみに。


好評を頂いています【高宮葵の夕霧亭】の高宮葵さんの撮影は、以下のシリーズです。

雪の残る1月19日の板橋区の赤塚植物園での撮影はご好評頂きました。

亜都さんの撮影の記事はたいへん好評でした。
ありがとうございます。


Facebookのシグマ・Foveonスクウェアで紹介頂きました。
【SIGMAレンズイベント関連写真・ブログのご紹介】で以下の記事を紹介されました。
 『シグマ レンズ新コンセプトイベントに参加して。その1』
  Kiyo's blog 2011 by Kiyo様

突然の東京の大雪の日の撮影シリーズです。
まあ、実際の所、PHOTO BATTLEの撮影の為に、有楽町・銀座界隈にいたから撮影したのであって、
もし、自宅にいたらば、わざわざ苦労して撮りに行ったかは疑問ですね。


blogのヘッダーの写真を変更しました。
12月2日に平林寺で紅葉撮影した中からの一枚です。
Olympus OM-D E-M5とZuiko ED150mm F2.0レンズで撮っています。

先日の記事「ありがとう土屋勝義先生、そして、オリンパスデジタルカレッジの人物撮影テクニック講座の歴史を振り返る」には、沢山のアクセス、nice、そして、コメントをありがとうございました。
最後には、土屋先生からのコメントを頂いて、万感の思いです。


好評を頂いている京都旅行のシリーズは、一旦お休みします。
丁度、旧嵯峨御所大覚寺門跡は、風車を並べたイベントを開催中でした。

朝焼けを追い求めてシリーズ。
このところ、半年に一度、自宅近辺から、スカイツリーと日の出が光景を狙っています。

nice!(73)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 73

コメント 2

駅員3

(12)、(13)の写真は、とても素敵ですが、特に(13)は書かれている通り、メルヘンそのもので、妖精が写真から飛び出してきそうなくらい、素晴らしいですね。
by 駅員3 (2013-03-06 06:59) 

えがみ

インク詰まりは定期的に印刷するしかないですね…。
私はプリンタ用紙だけは何故か純正を使わないのですけど、Velvet Fine Art Paperは気になりました。

しばらく前にナナオの銀座ギャラリーで、ナナオ、シグマ、マルマン共同でRAW現像セミナーが行われていたのですが、キャンソンの用紙を初めて使いました。
なかなか良いですよ。

by えがみ (2013-03-06 23:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました