So-net無料ブログ作成

9月28日、小澤太一先生写真展応援の熊本ツアー延泊。朝食後、湯島の島内巡りの散策へ。その16 [E-M1 & 5D Mark3]

Sponsored Links




今日の東京の天気予報は、「晴れ時々曇り」となり、今朝も、朝から日差しが眩しいです。
そして、今日の最高気温は、12度と一段と寒くなっています
12月8日火曜日となります。
みなさまも、呉々も、花粉症や風邪、熱中症など、お身体を大切にして下さい。

大分遡ってしまいますが、9月に撮影した写真を、少しずつアップしています。←再開しました。
少しばかり、記憶の彼方に飛んでいますが、
延泊した9月28日の行程ですが、
→朝食後、荷物を預け、湯島を島内の散策・撮影
→チャーター船で、湯島港から江樋戸港へ
→バスで、前島。X「四号橋から徒歩で撮影」組と、〇「優雅にランチ」組
→バスで、永浦島。樋合島・高杢島での陸繋砂州 撮影
→バスで、長部田海床路。海中に並ぶ電信柱の夕景撮影
→バスで、阿蘇熊本空港へ。
〇「9月28日、小澤太一先生写真展応援の熊本ツアー延泊。朝食後、湯島の島内巡りの散策へ。その16」

延泊した28日の朝、朝の散歩の続きからです。
宿泊した日の出荘でのちょっと豪華な朝食後、身支度をして、荷物を纏めて、
湯島港からチャーター船に乗る準備を整えた上で、湯島の島巡り散策の開始です。
なお、貴重品・三脚以外は、日の出荘のおばさん多義他、港まで運んで抱けるとのことで、
ご厚意に甘えて、身軽に出発しました。
海沿いの路を歩いて行くと、鶏小屋がありました。
中には、勇ましい雄鳥がいましたので、雄鳥さんを撮らせて頂きました。
坂道を上がっていくと、頂上付近の畑では、ハウス栽培の方が、東京にも出荷される花を栽培されていました。
遠く天草の島からやってくる優しい花「かすみ草」。
主役にはなっていませんが、花束には欠かせない「かすみ草」は天草の特産品です。

今日の一枚
M9281559_CameraRAW_2048.jpg
『雄鳥』
Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています

この日の機材は、Olympus OM-D E-M1+M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズと
M.Zuiko ED40-150mm F2.8 PROレンズ、Nokton 42.5mm F0.95レンズです。
それに、Canon EOS 5D Mark III+EF50mm F1.8STMレンズ、EF85mm F1.2L IIレンズです。

ここでは、主にOlympus OM-D E-M1+Nokton 42.5mm F0.95レンズを使用しています。
1)日の出荘の看板
M9281530_2048x1536_2.jpg
2)野菜の天ぷら
M9281531_2048x1536_2.jpg
3)小魚とちくわとハムサラダ
M9281532_2048x1536_2.jpg
4)デザート
M9281533_2048x1536_2.jpg
5)光落ちる休憩室
M9281535_2048x1536_2.jpg
6)広間の窓から。日の出荘の裏側をみて。
 こちら側を写真に撮る人は、始めてだと言われました。
M9281536_2048x1536_2.jpg
7)裏側には、竹藪もありました
M9281538_2048x1536_2.jpg
8)窓からの景色
M9281539_2048x1536_2.jpg
9)
M9281544_2048x1536_2.jpg
ここから、散策開始ですが、M.Zuiko ED12-40mm F2.8 PROレンズで撮影しています
10)釣り人
M9281548_2048x1536_2.jpg
11)天草の海
M9281550_CameraRAW_2048.jpg



近況ですが、(自分のPhotoshop講座を除いてですが)
12月5日、シャッタートーク撮影会→土屋教室大忘年会
12月6日、Taku Nakajimaさんの由比ヶ浜での撮影会の予定です。
12月12日、京都オフ会参加の為に、東京駅から夜行バスの予定です。
12月13日、orangeさん達と京都オフ会
12月14日、京都から、夜行バスか、新幹線かで帰る予定です。

3月22日、亡き妻の一周忌の法要を行ってきました。」の記事には沢山のアクセスをありがとうございます。
毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、1年半経過しましたが(3月11日未明)、なんだかあっという間に時が過ぎていきます。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

6月11日は、妻の15ヶ月目の月命日でした。
5月11日は、妻の14ヶ月目の月命日でした。

2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。
11月11日は、妻の8ヶ月目の「月命日」でした。
10月11日は、妻の7ヶ月目の「月命日」でした。
9月11日は、妻の6ヶ月目の「月命日」でした。

8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編

極短時間でしたが、SIGMA 20mm F1.4 DG HSM Artレンズの良さの一旦は味わえた気がします。

自由が丘 〜 Photo Café & Bar Shooting Star 〜
東京都 目黒区緑が丘2-16-19 グリーン自由が丘 2F
土屋先生の写真展は、11月18日無事に終了しましたが、このカフェShooting Starをよろしくお願いいたします。

「入間基地航空祭2015」での撮影は一旦中断です。

10月3日に都内某所で行われましたHonda NSX 25周年イベントにて、
内見できました新型NSXについて速報的にご紹介します。


すでに、8月18日から、掲示開始されています。
自分の作品は中央通りの明治屋さんの真裏の八重洲との境側になることが判りました。

Canonユーザー専用の秘密兵器「風塵」を導入しました。
風塵に新型「Fujin(風塵) Mark Ⅱ」が発表されました。
新型のモーター機構採用で、風速が2.7倍化されて砂にも対応して、待望のNikonマウント対応です。
ただ、お値段はグッと上がってしまいました。
現在はIPPさんの直売のみで、8月から大手量販店で販売開始だそうです。

写真仲間が問い合わせたところ、「風塵」のNikon用と、Canon用マーク2が発売されました。

レンズ型カメラの掃除機
※レンズ形で、いつでも何処でも簡単掃除!
※ファンの力で1秒間にカメラ内の空気を約3回入れ替えます。(Kiss X7iの場合)
※掃除中に、カメラ機能(センサークリーン・シャッター連写)を使用するとシャッター内部のチリ・ホコリを排出するのに効果的!
※PM2.5対応の住友3M製フィルター採用

IPP 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 風塵(ふうじん) fujin EF-L001

IPP 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 風塵(ふうじん) fujin EF-L001

  • 出版社/メーカー: アイピーピー
  • メディア: Camera








久しぶりに、Amazonでお買い得品を見つけました。
高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パックです。
しかも、充電済、最小容量2400mmの約500回使用可能なモノです。
単4ならば、こちらです。
容量よりも充電可能回数優先ならば、こちらです。
個人的には、いままで、こちらの方を使用していました。

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス

ここから、過去のシリーズの紹介です。
11月1日から、11月4日まで、熊本、島原、長崎旅行に行ってきました。
今回の九州旅行ですが、サブタイトルは、「遙かなる長崎バイオパークへの道」です。
生前の妻が、ここ何年も、口癖にように行きたい・行きたいと言っていましたが、
本人は不在でしたが、なんとか、悲願は果たされたと思います。

熊本旅行を振り返って。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。/div>

3月11日への思い

1年ぶりに、blogのヘッダーの写真を変更しました。
OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影した水前寺公園での妻の写真からです。
900x500サイズに、縦撮りした1枚では、足りなかったので、横に撮った一枚と重ねています。






Sponsored Links









nice!(64)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 64

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました