So-net無料ブログ作成

遡りますが、9月4日の夕景スナップから。新宿東口の喧噪を離れ、再び西口へ [Nokton 42.5mm F0.95]

Sponsored Links




今日の東京の天気予報は「晴れのち曇り」。今日の最高気温は、23度となっています
朝から晴れていますが、今日は少し雲があるようです。
気温は少し回復していますが、やはり、肌寒く、街中では咳をする人も増えています。
そんな、10月14日水曜日となります。
みなさまも、呉々も、花粉症や風邪、熱中症など、お身体を大切にして下さい。

10月10日から、EF50mm F1.8STMレンズを使用しているというだけの縛りでの写真展が開催されます。
この「EF50mm F1.8 STM 単焦展」へ参加するので、告知致します。
開催日時;10月10日(土曜日)から10月17日(土曜日)まで
開催場所:米酒場そう my BAR SO
開催時間:11時30分から14時、17時から24時(「そう」営業時間内)
住所: 〒114-0052 東京都大田区蒲田5丁目42−6 蒲田 ハイツ 101 号室
場所は、主催のTaku Nakajimaさんの知り合いの創作料理のお店で、日本酒と美味しい創作料理を味わいながら、写真を見て頂ければという趣向のようです。
ちょっと変わった写真展も面白いと思いました。
なお、場所が料理屋さんなので、写真のみ鑑賞は出来なくて、ソフトドリンクか、料理が必要ですので、ランチがお奨めかもしれません。


大分遡ってしまいますが、9月に撮影した写真がまるまる残っていますので、
少しずつ、9月の写真での記事をアップしていきます。
9月4日、夕方から、ご近所と、用事があって出かけた西新宿から新宿駅前東口あたりの撮影をしてきました。
そこからの写真を紹介します。
新宿駅前東口の駅前の喧噪を離れて、高架下トンネルの歩道を通り抜けると、
右手には、「思い出横丁」が現れます。
道沿いに進むと、左に、ユニクロ西口店(昔のさくらや西口店)があり、
正面には、ビックカメラ西口店の入った小田急ハルクがあります。
さらに、通りを渡って、真っ直ぐ、路地を進むと、いきなり!ステーキ 新宿西口店が現れます。
今回は、素直に、左に曲がって、ユニクロ西口店を左手に、少し行って、横断歩道の様子を眺めてみました。
もう夜と言うコトで、車のヘッドライトの光が歩行者を照らして逆光となり、影を作ります。
なお、逆光では、光が強すぎるので、NDフィルターを装着して、F0.95の絞りを保っていました。

この日は、Olympus OM-D E-M1+Nokton 42.5mm F0.95レンズだけで撮影しています。
最短撮影距離23cmと寄れるので、マクロレンズ的にもなりますし、少し離れて中望遠レンズとしても使えます。
写りも、気を付けないと、ボケ過ぎることだけが問題なだけです。
あとは、MFレンズなので、F1キーに割り当ててあるピーキング機能で、
ピント面の白黒の境目を頼りにピント調節しています。
OM-Dで、ピーキングをオンにしていると、少しグレーっぽくなった画像に、フォーカスされた位置に、
黒(または、白)の帯が表示されます。
ピントリングの回転に合わせて、フォーカス位置の移動に伴って、その黒い(または、白い)帯が、
画面内を移動します。
そのフォーカスの位置の帯の中央が希望するポイントと重なる位置を探ります。
難点としては、その帯の幅が少し広い点と、帯の中央がフォーカスのジャスピン(正確なフォーカス位置)かと思うと、時々ズレている点が難点です。
まあ、追い込んだフォーカス位置は、本来、拡大表示してでも、目で確かめるべきなんでしょうね。

スナップとして、歩きながら、あるいは、歩いている被写体、動いている被写体を追い掛ける時には、
アバウトながらもピーキング表示でのピント位置探りと、勘だけが頼りです。
〇「遡りますが、9月4日の夕景スナップから。新宿東口の喧噪を離れ、再び西口へ」


10月11日になりました。
月日の経つのは早いモノで、運命の日2014年3月11日未明から、1年半が過ぎたわけです。
10月というと、妻と何度も日光に行ったことを思い出します。
このso-netのblogを書く切っ掛けとなったのも、奥日光の入り口である竜頭の滝上からの紅葉でした。
旧Kiyo's blog、先行して2007年11月に記載したこの「竜頭の滝の紅葉」記事でした。
2007年10月15日に妻と訪れた竜頭の滝上からの撮影でした。

10月9日に訪れた石神井公園で「紅のカケラ」を見つけた話からです。
10月8日の夕景・夕日が見事でしたので、そちらの紹介から先に致します。


今日の一枚
M9041035_CameraRAW_2048_2.jpg
『思い出横丁』
Olympus OM-D E-M1+Nokton 42.5mm F0.95レンズで撮影しています。


今回の機材は、
Olympus OM-D E-M1+Nokton 42.5mm F0.95レンズです。
1)待つ
M9041021_2048x1536_2.jpg
2)高架下トンネルの歩道
M9041032_RAW_2048_80%.jpg
3)向かう
M9041034_2048x1536_2.jpg
4)ショップ
M9041036_2048x1536_2.jpg
5)提灯
M9041041_2048x1536_2.jpg
6)歩道前で
M9041045_2048x1536_2.jpg
7)自転車
M9041046_2048x1536_2.jpg
8)急ぐ
M9041048_2048x1536_2.jpg
9)影絵
M9041049_2048x1536_2.jpg
10)渡る
M9041055_2048x1536_2.jpg


近況ですが、
9月26日から、9月28日まで、
 熊本アートギャラリーJaddで開催される小澤太一さんの『レソト日和』写真展に合わせて、
 熊本・阿蘇(及び、延泊で、天草までの)撮影旅行に行ってきました。
10月11日は、妻の19ヶ月の月命日の予定です。
10月10日から、10月18日は、PHaT PHOTO写真教室の秋の文化祭です。
 その間、各種ワークショップがありますが、何回かの記録撮影を行う予定です。
10月11日、文化祭「スタジオポートレート撮影会」記録撮影 13時半から
 10月11日、文化祭「本多俊一の写真の読み方」記録撮影 18時半から
10月15日、文化祭「GODの展示講評会」記録撮影 19時から
10月18日、文化祭「水の不思議な世界」記録撮影 12時から 等々力スタジオにて


8月11日になりました。
月日の経つのは早いモノで、運命の日2014年3月11日未明から、17ヶ月が経過した訳です。
未だに、妻の不在を信じられない自分が居ます。

無事に、7月11日を過ごせました。
運命の日2014年3月11日未明から、16ヶ月が経過した訳です。

3月22日、亡き妻の一周忌の法要を行ってきました。」の記事には沢山のアクセスをありがとうございます。
なんだか、長いようで、あっという間の一年でした。

毎日、見て頂くblogの文章が痛ましく感じられて申し訳ありません。
妻が急逝して、1年経過しましたが(3月11日未明)、帰宅後と朝の2回、焼香しています。

1998年の秋に妻と出会ってから、私にとっては、珠玉のような15年でしたが、
若くして不治の病(膠原病のSLE)に罹患した妻にとってはどうだったのでしょう。
人一倍、生きることに(生き残ることに)頑張っていた妻に、与えられた運命は過酷だったと思います。

思えば、妻と一緒にいた15年間はかけがえのない時間だったと思います。
今は、天に昇った妻の一部が、そっと、自分の近くにいてくれていると思います。

『美しい光景を見ること』が妻の言えなかった遺言のような気がしています。
妻が見たかったであろう光景、美しい光景を見に行き、そんな写真を見せていこうと思います。

10月11日は、妻の19ヶ月目の月命日でした。
9月11日は、妻の18ヶ月目の月命日でした。
8月11日は、妻の17ヶ月目の月命日でした。
7月11日は、妻の16ヶ月目の月命日でした。
6月11日は、妻の15ヶ月目の月命日でした。
5月11日は、妻の14ヶ月目の月命日でした。
4月11日は、妻の13ヶ月目の月命日でした。

2015年3月11日は、妻の一周忌の「命日」でした。
11月11日は、妻の8ヶ月目の「月命日」でした。
10月11日は、妻の7ヶ月目の「月命日」でした。
9月11日は、妻の6ヶ月目の「月命日」でした。

8月31日は、妻の41回目の誕生日の話から。

番外編




北陸(能登半島、金沢)での撮影から。


早いモノで、1ヶ月の期間終了と言うコトで、
『Cyber-shot DSC-RX100M4』の返却日しました。
みんぽすさんから、最新の『Cyber-shot DSC-RX100M4』をお借りしましたので、レポートを開始します。

すでに、8月18日から、掲示開始されています。
自分の作品は中央通りの明治屋さんの真裏の八重洲との境側になることが判りました。

Canonユーザー専用の秘密兵器「風塵」を導入しました。
風塵に新型「Fujin(風塵) Mark Ⅱ」が発表されました。
新型のモーター機構採用で、風速が2.7倍化されて砂にも対応して、待望のNikonマウント対応です。
ただ、お値段はグッと上がってしまいました。
現在はIPPさんの直売のみで、8月から大手量販店で販売開始だそうです。

写真仲間が問い合わせたところ、「風塵」のNikon用と、Canon用マーク2が発売されました。

レンズ型カメラの掃除機
※レンズ形で、いつでも何処でも簡単掃除!
※ファンの力で1秒間にカメラ内の空気を約3回入れ替えます。(Kiss X7iの場合)
※掃除中に、カメラ機能(センサークリーン・シャッター連写)を使用するとシャッター内部のチリ・ホコリを排出するのに効果的!
※PM2.5対応の住友3M製フィルター採用

IPP 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 風塵(ふうじん) fujin EF-L001

IPP 一眼レフカメラ用レンズ型カメラ掃除機 風塵(ふうじん) fujin EF-L001

  • 出版社/メーカー: アイピーピー
  • メディア: Camera








久しぶりに、Amazonでお買い得品を見つけました。
高容量充電式ニッケル水素電池単3形8個パックです。
しかも、充電済、最小容量2400mmの約500回使用可能なモノです。
単4ならば、こちらです。
容量よりも充電可能回数優先ならば、こちらです。
個人的には、いままで、こちらの方を使用していました。

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

Panasonic eneloop pro 単3形充電池 8本パック ハイエンドモデル BK-3HCC/8

  • 出版社/メーカー: パナソニック
  • メディア: エレクトロニクス

ここから、過去のシリーズの紹介です。
11月1日から、11月4日まで、熊本、島原、長崎旅行に行ってきました。
今回の九州旅行ですが、サブタイトルは、「遙かなる長崎バイオパークへの道」です。
生前の妻が、ここ何年も、口癖にように行きたい・行きたいと言っていましたが、
本人は不在でしたが、なんとか、悲願は果たされたと思います。

熊本旅行を振り返って。
3月11日の未明に、妻 ひろみ(享年40歳)が亡くなりました。/div>

3月11日への思い

1年ぶりに、blogのヘッダーの写真を変更しました。
OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影した水前寺公園での妻の写真からです。
900x500サイズに、縦撮りした1枚では、足りなかったので、横に撮った一枚と重ねています。
2014年、blogのヘッダーの写真を変更しました。
OM-D E-M1+Zuiko ED150mm F2.0レンズで撮影した水前寺公園での妻の写真からです。

So-net blogの画像認証ですが、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントはblogの名前からです。

ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、2012年の1月末から、2013年2月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。






Sponsored Links









nice!(93)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 93

コメント 2

みち

使いこなすのに難しそうなレンズですが、
素敵な雰囲気ですね。
by みち (2015-10-15 00:10) 

kiyo

みち さん、
コメントをありがとうございます。
そうですね、マニュアルフォーカスレンズですから、
ピント合わせが重要ですし、手動で合わせなければイケナイ点が、難しい面もあります。
ただ、AFでぱらぱら撮られるよりも、苦労しても、
上手く撮れた一枚に感動できるのも、良い点です。

アマチュアには、正確無比に、何枚でも撮れるAFレンズよりも、
狙った一枚を丁寧に撮らざる終えないMFレンズの方が楽しいかもしれませんね。
by kiyo (2015-10-15 12:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました