So-net無料ブログ作成

『冬を切り取る、ニコンDf撮影ワークショップ』にて、Dfを抱えて勝鬨橋の川沿いに。その2 [E-M1 & Nikon Df]

Sponsored Links




今朝も、雲の無い青空一面の快晴の世界です。
良く晴れて、冷え込んだ真冬の日。そんな2014年1月21日です。
皆様も、風邪を引かないように、お気をつけ下さい。


PHaT PHOTOの『冬を切り取る、ニコンDf撮影ワークショップ』に参加してきた話の続きです。
現在でも、2ヶ月から3ヶ月待ちと言われている(少なくとも、予約しないと入手出来ない)という大人気のNikonのDfですが、日本初となるそのDfを使用したワークショップが開かれて、幸運にも、抽選に当選したので参加して来ました。

撮影会予定スケジュール
13:15 受付開始
13:30 スタート。季節の写真の撮り方についてレクチャー
14:00 Dfの使い方の簡単な説明
14:15 外出。撮影へ
15:10 一時集合
15:15 再度撮影へ
16:30 会場へ戻り、プリント&復習
17:00 講評
18:00 終了・解散

貸出しカメラ「ニコンDf」について
■撮像素子:FXフォーマット(36.0×23.9mmサイズCMOSセンサー)
■有効画素数1625万画素、画像処理エンジンEXPEED 3搭載
■常用ISO感度:100~12800
■視野率約100%
■マグネシウム合金採用。防塵・防滴ボディー
■連続撮影速度5.5コマ/秒
www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/df

松本友希(まつもとゆき)先生の講義で、
Nikon Dfの使い方の説明や、今回のテーマである「冬を切り取る」為には何をするか?を伺いました。
一時集合して、集合写真を撮ったところで、
15時15分スタートで本番の撮影に入りました。

ここで、一つ課題がありました。
PHaT PHOTOの配布した8GBのSDカードに、36枚撮りフィルムのつもりになって、
36枚だけ撮影してくる。
再集合後、一枚選んで、プリントするのですが、それは、必ず36枚の中から選ぶこと。

また、折角、Nikon Dfというマニュアル操作に長けたカメラを用意したので、
M(マニュアル)モードで、露出のシャッターと絞りの関係を考えながら撮影するコトをお奨めされました。

私は、頑張って、遠出してみました。
後先考えずに、夕日が綺麗だろうと、隅田川、勝ち鬨橋の川沿いを目指してしまいました。
言わずと知れた、土屋勝義先生の講座でよく通い慣れた場所というコトが大きいです。

結果は、まあまあの写真が撮れたと思います。
その写真は、月曜日にデータを送付頂けたので、アップします。
一緒に持って歩いたOM-D E-M1+Cosina NOKTON 25mm F0.95レンズでの撮影で補完しています。

撮影してみて思いましたが、1時間程度で、36枚を真剣に撮るには、枚数が多すぎます。
60分として、2分に1枚以上は撮る計算です。
うろうろと探しながら、このシーンから、別のシーンに写るのに、数分とすれば、
1時間には、数枚(4枚から5枚)程度で十分と思います。
大体、半日=8時間くらいで、30枚から、36枚撮るのが良いペースな気がしました。

普段のデジタルカメラでの慌ただしい撮影を一歩離れてみると、そこに別の世界がありました。
もちろん、フィルムカメラで撮影されているみなさんは、そこにあるその世界そのものです。
デジタルでも、よく考えて、コレだという一枚ずつを大事にとって、
じっくり撮る、撮ったら消さない、消さないから大事に撮る。
というサイクルに入っていれば、フィルムのころのペースに近い撮影になるなぁと実感しました。
デジタルのフルオート、超高速連写とは別世界の話です。
そして、一枚ずつを大事に撮っても、これはという一枚は、36枚の中に1枚あればという話になります。

但し、デジタルでの不用意に何百枚も撮る世界では、数十枚、数百枚の中からでも、
気に入った一枚が撮れていないことが多々あります。
意外と、数少なく撮る方が、ヒット率はたかいのかもしれません。

肝心のNikon Dfのインプレッションですが、次回にでも。
ただ、悪くはないと思いましたよ。


今日の一枚。
DSC_0410_2048x1365.jpg
「夕日に光る飛び交う鳥たち」
この一枚は、Nikon Df+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gレンズを使用して1月18日に撮影しています。



機材は、Workshopでお借りしたNikon Df+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G。
そして、OM-D E-M1+Cosina NOKTON 25mm F0.95レンズを使用しています。

2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
ここから、Workshopでお借りしたNikon Df+AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gで撮影しています。
1)雑貨店のスヌーピーも冬支度
DSC_0377_2048x1365.jpg
2)築地川亀井橋公園のモニュメント越しに
DSC_0384_2048x1365.jpg
3)築地の路地にて
DSC_0387_2048x1365.jpg
4)写り込み
DSC_0388_2048x1365.jpg
5)聖路加病院
DSC_0389_2048x1365.jpg
6)あかつき公園の噴水
DSC_0391_2048x1365.jpg
7)
DSC_0394_2048x1365.jpg
8)勝ち鬨橋近くのはとば公園の球体
DSC_0395_2048x1365.jpg
9)勝ち鬨橋と夕日
DSC_0398_2048x1365.jpg
10)隅田川を渡る船
DSC_0405_2048x1365.jpg

ここから、OM-D E-M1+Cosina NOKTON 25mm F0.95レンズでの撮影です
11)築地川亀井橋公園のモニュメント越しに。その2
M1180798_2048x1536_補正済.jpg
12)築地の路地。その2
M1180811_2048x1536_補正済.jpg
13)
M1180817_2048x1536_補正済.jpg
14)あかつき公園の噴水にて。その2
M1180827_2048x1536_補正済.jpg
15)夕日に光る飛び交う鳥たち。その2
M1180843_2048x1536_補正済.jpg


Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点望遠レンズ EF135mm F2L USM フルサイズ対応

Canon 単焦点望遠レンズ EF135mm F2L USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: 付属品
Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • メディア: エレクトロニクス




明治神宮での参拝後、NOBUさんと場所を移動して、池袋(北池袋)方面へ向かいました。
北池袋方向へ向かいました。さらに、商店街を経て、下板橋から、板橋へ。



大晦日にぷりずむさんの撮影会の参加の為に横浜に行ってきました。
今年は、馬車道から、赤レンガ倉庫に向かって、赤レンガ倉庫の周辺の芝生と、
移動しながらの象の鼻パークでの撮影となりました。

12月21日には、オリンパスの写真仲間と、超久しぶりの昭和記念公園に行ってきました。
12月28日には、小川先生の勉強会の仲間と、これも超々久しぶりとなる青梅の街撮りに行ってきました。

年末の2週続けての撮影会、その昭和記念公園からと、青梅の街撮りから、先行してお届けします。

すみませんが、SENDAI光のページェントの続きは、2013年ベスト10の次になります。

再び、新宿御苑の続きです。
12月8日の午後、写真仲間と新宿御苑でモデルの高宮葵さんを囲んでの撮影会をしてきました。

緒方 一貴 先生が講師をされているオリンパスの人物撮影講座の後、
ミッドタウン周辺や、檜町公園などを撮って廻りました。
さらには、17時過ぎまで粘って、ミッドタウンのイルミネーション点灯を撮ってきました。

11月30日に続いて、翌日の12月1日に、minpos仲間のmasaさんと、Y.S.さんとお台場に行ってきました。

11月30日に、明治神宮外苑へ撮影に行ってきましたの話です。
都内の銀杏で有名なのが、明治神宮外苑の300mの長さに渡る銀杏並木です。
青山通り側から円周道路(絵画館手前)まで300mの並木は146本だそうです。

11月23日、11月24日に埼玉県新座市にある平林寺に紅葉を求めて行ってきた紹介です。
〇「2013年の平林寺の秋を撮る。その111月23日の撮影からです。
埼玉県新座市にある「平林寺」ですが、道場をもつ代表的な禅寺です。
臨済宗 妙心寺派の別格本山であり、武蔵野の面影を残す境内は、13万坪の広さがあります。
境内林は国指定天然記念物に 指定されています。

blogのヘッダーの写真を変更しました。EOS 5D Mark3+Sigma 35mm F1.4レンズで撮影し夕景のお台場です。

So-net blogの画像認証ですが、『コメント投稿時の認証画像について』という案内が出ています。
画像表示が改善されて、画像内の英数字がクッキリ表示されています。
なお、一時的に、画像認証のコードを簡単にしています。ヒントは、うちのblogの名前からです。
2013/11/01のblogから、画像認証を「無効」に設定しているので、
接続会員の方がログインされている場合は、画像認証が表示されなくなっていると思います。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、昨年の1月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)


nice!(88)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 88

コメント 5

駅員3

(9)(10)の隅田川の写真に心打たれました。
JWALKの河より低い街で・・・がピッタリの光景です。
Dfのレポ、楽しみにしています。
by 駅員3 (2014-01-21 07:29) 

YAP

Dfは大人気だそうですね。
先日行った某カメラやでも、問い合わせしているお客さんがいました。
by YAP (2014-01-21 08:22) 

すーさん

一枚目の遠近感と立体感が好きです(=´∀`)人(´∀`=)。
by すーさん (2014-01-22 01:16) 

ちょいのり

築地の路地!?
昔、ブラタモリで気になってたところだあ^^
空襲を奇跡的に受けなかった築地の路地裏界隈は
一度見て回りたいと思います^^

by ちょいのり (2014-01-23 01:47) 

kiyo

駅員3 さん
コメントをありがとうございます
9)、10)の写真をお褒め頂きありがとうございます。
まだまだ、ニコン初体験の私には、Dfの機能・性能の何分の一も発揮できなかったと思います。
それでも、よさが引き出されていたら幸いです。

YAP さん
コメントをありがとうございます
はい、大人気で、2ヶ月から3ヶ月待ちのようです。
早く、購入希望者の方々に行きわたると良いですね。

すーさん さん
コメントをありがとうございます
夕景を行かせる写真を目指しました。
お褒め頂きありがとうございます。

ちょいのり さん
コメントをありがとうございます
そうなんですよ。
建て替えで、徐々に減ってきましたが、戦前から続く民家は風情があります。
意識して、わざと残すように努力しないと、維持できない、残念な時代だと思います。
中央区や、都の文化財指定を受けると良いですが、そうされると、
改築や、修繕もままならなくなるそうです。

by kiyo (2014-01-24 11:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました