So-net無料ブログ作成

久しぶりの海を求めて富津岬まで行ってきました。その2 [E-P5]

Sponsored Links




9月2日です。ここ数日、朝から凄い日差しが続いています。昨晩は、黒い雲が覆ってきましたが都心部は降りませんでした。
さて今日は、どんな天候になりますか?

オリンパスから、「OLYMPUS Photo Festa 2013 新製品体感フェア2013」が発表されました。
噂のオリンパスフラグシップ新機種「OM-D E-M1」と、「M.Zuiko ED14-40mm F2.8 PRO」レンズに、
触って、試してが出来ると思われます。

東京では、9月13日(金)・9月14日(土) 11:00~19:00
ベルサール秋葉原(東京の初日は平日なのでご注意下さい。)

大阪では、9月21日(土) 10:00~18:00
グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル B1F イベントラボ

ちなみに、10月は、Olympusのデジタル一眼レフカメラのE-1が発売された10周年になります。
その記念モデルとなる新製品には、オリンパスユーザーのなみなみならぬ期待が掛かっているコトと思います。

Olympus E-M1のコトになりそうな、次期フラグシップモデルについては、
もう少し、詳細な情報が入りましたらば、書こうと予定しています。

皆様、ここ2日、再び、真夏の強い日差しに照りつけられています。
残暑、お見舞い申し上げます。
58315131_2048x1536_補正済.jpg
市原サービスエリアでの真夏のウォーターカラーな一枚からです。

例年、7月に行くコトの多かった個人的な年中行事である富津岬訪問ですが、
6月、7月、8月と忙しくて、とても行けていませんでした。
8月最終日の昨日、天気も良く、時間もポット空いたので、愛車を駆って1年以上ぶりですが、
富津岬の富津公園に行ってきました。

2011年
2012年

東関東自動車道から京葉道路から館山道にでて、木更津南から富津を目指しました。
富津公園に辿り着いてみると、凄い強風です。
五葉松風展望台に昇ってみると、吹き飛ばれそうな程の強風と、
その風に乗ってくる潮の香り、つまり、海風です。
そのうちに、メガネが曇ってきて、E-P5とレンズもぬめってきたので退散しました。


撮影機材は、Olympus E-P5とM.Zuiko 17mm F1.8レンズです。
2048x1536サイズですので、画像をタッチしての拡大にはお気をつけ下さい。
1)海辺
58315073_2048x1536_補正済.jpg
2)赤い水上バイクが青空と、青い海原に目立ちます。
58315129_2048x1536_補正済.jpg
3)太陽と浜辺
58315130_2048x1536_補正済.jpg
4)丸太の置かれたイス
58315132_2048x1536_補正済.jpg
5)強烈な日の光
58315136_2048x1536_補正済.jpg
6)富津岬から北の方向、海ほたるや東京方面ですが、こちらは順光となって青空です。
58315143_2048x1536_補正済.jpg
7)展望台
58315150_2048x1536_補正済.jpg
8)展望台の途中から
58315153_2048x1536_補正済.jpg
9)富津岬を見て。左側が内海となる東京湾。右側が、外海となる太平洋です。
58315155_2048x1536_補正済.jpg






みんぽすさんから、Sigmaさんのミラーレス用のDNシリーズのレンズ3本をお借りしました。
ミラーレス一眼カメラ専用レンズ DNレンズ
そのレビューになります。

blogのヘッダーの写真を変更しました。Sigma DP3 Merrillで撮影した中の一枚です。
ご連絡:10GBの壁に近付いてきましたので、昨年の7月末から、11月にかけてのblogの写真を
整理して、圧縮率を高くした画像に差し替え作業中です。
あれ、写真がなくて、写真ファイル名だけだと思われましたらば、未だ整理中だと思って下さい。
(ご指摘の通り、長年So-netの有料会員に加えて、So-net blogの有料プランにもしてあります。)

ストロボで有名なニッシンジャパンさんのセミナーを受講してきました。

大人気の居酒屋けいばblogのちょいのりさん企画の第26回かんなみ猫おどり のイベントの話です。
ちょいのりさんの居酒屋けいばの記事


今回は、ちょいのりさんの猫化粧姿や、可愛らしい子猫ちゃん達(チーム☆ひであき)の面々、
それに、織田まな さんに感謝でした。
7月31日の水曜日に、渋谷のギャラリールデコに、ポートレート専科を訪ねてきました。
その後、ビッグなハンバーグで有名なゴールドラッシュの渋谷南口店へ行ってきました。

FUN ZUIKOのNOBUさんと、待ち合わせて、銀座から日本橋にかけての街撮りに出かけました。

「アートアクアリウム2013」http://h-i-d.co.jp/art/nihonbashi/

たいへん大勢のアクセスを頂きありがとうございます。
niceとコメントも沢山頂いており、本当に感謝しています。

過日の隅田川花火大会に意気揚々と出かけたのですが、雨降りで早々に退散の話です。

みんぽすさんからお借りしました富士フイルムXF 55-200mm F3.5-4.8(35mm換算84mmから300mm相当)の望遠ズームレンズのシリーズ。


こちらは、オリンパス独自のアートフィルターの最新版ウォーターカラーのシリーズです
アートフィルターの、リーニュークレールや、ウォーターカラーは、写真じゃないと思います。
これに、Photoshopの油彩フィルターの3つは、大きく写真から踏み出したフィルターだと思います。

本来の記録写真としての意味はないと思いますので、記録ではなく記憶に呼びかける存在です。
原色に忠実な色合いに対して、記憶に近い表現色として記憶色があります。
類推すると、記録写真ではなく、記憶写真なのかもしれませんね。
そういった点から、禁断の魅力なのかもしれません。

900記事目となった「サヨナラは突然に。」に沢山のアクセスをありがとうございます。
全ては、ご覧頂く皆様のお陰です。
これからもよろしくお願いいたします。

nice!(73)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 73

コメント 3

ちょいのり

恒例になりつつありますね富津^^
18年前に訪れたきりなので、行ってみたいかもです^^
by ちょいのり (2013-09-02 01:20) 

岩崎ナギ

ここの展望台、凄い高いですねー。
これだけ高いと風が凄まじそう!
体の軽い子供なんかは危ない程ですね。
建築としては面白くて外国人なんかが喜びそう、
もっと宣伝すれば外国人の観光バスが停まる所でも行けますね。
水彩フィルターは細かい題材が映ると、
前回の看板の文字同様、
写真ですから当然ではありますが、
波などが正確に再現されすぎて、
ちょっと細かくなりすぎる面が弱点ですね。
もうちょっと大づかみで掴んでくれる機能もあれば良いのですが。
by 岩崎ナギ (2013-09-02 07:53) 

kiyo

ちょいのり さん、
コメントありがとうございます。
はい、もう3年も行っています。
是非、再訪してみてください。
例の廃墟サークルのメンバーがこの五葉松の展望台からの絶景を見るストーリーも良いですよね。

岩崎ナギ さん、
コメントありがとうございます。

はい、この五葉松風の展望台ですが、結構高いです。
ステップ毎に上がっていくので、それ程困難ではないですが、
海岸近辺では見たこと無い高さとなります。

ここは、主に地元の人の海水浴場と、湖では珍しくないですが、海辺の浜辺から直ぐに水上バイクが出せる貴重なところなのです。
できれば、あまり、観光客は来ないでいてくれればと思います。
お陰で、夏場でも、浜辺の砂も綺麗ですし、海も綺麗です。

ウォーターカラーは、使い方が難しいですが、
精進してみます。
by kiyo (2013-09-02 21:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました